建物を塗装する業者選びに

作業員

依頼前の注意点は何がある

外壁塗装を新座市で行うには専門業者に依頼するのが一般的で、現在では住宅メーカーやリフォーム会社、家電量販店、ホームセンターなどで依頼することができます。外壁塗装は高額でありながら、様々な環境から家を守る大切なリフォームなので、業者選びには注意が必要です。業者を選ぶために注意したいポイントとしては、新座市でも必ず見積もり依頼をすることになりますが、この見積もり時に現場調査をしっかり行う業者を見極めておきましょう。新座市では気温の高い場所として有名ですが、住宅の建っている場所によっては、紫外線が十分に浴びる場所だけでなく湿気の多い場所、風通しの悪い場所など様々です。それと同時に外壁塗装で使われる塗料も一軒一軒違うため、それぞれ傷み方に違いが生じてきます。見積もり時には時間をかけて、どこが傷んでいるか、現在の外壁の状況がどうなっているか、付帯部である雨樋などの劣化状況など丁寧に見てくれる業者を選ぶことが望ましいです。次に、見積もり書には細かく記載されているかを確認することが大切で、大まかに書かれているだけの見積もりを出す業者は、トラブルを避けるため極力控えるようにしましょう。記載内容の一例として、足場費用と養成費、外壁洗浄、塗り回数、塗料の種類、付帯部にかかる費用まで塗装面積を含めて記載されているかが重要です。それと当時に使われる塗料の種類、例えばアクリル系やウレタン系、シリコン系、フッ素系などが載っており、かつ製品名と耐用年数も載っていれば新座市での良心的な会社と言えるでしょう。現場調査時には、スタッフの対応によって業者の体質をある程度見抜くこともできます。対応の良さや質問時に明確に丁寧に応えてくれる、費用内訳の説明、アフターケアなど保証面の部分も説明してくれる業者が安心できます。目に見えないリフォームが外壁塗装でもあるので、このような注意点を考慮して業者を選ぶことが大切です。