長持ちさせる壁リフォーム

玄関

塗料や費用を知っておく

資産でもある大切な家は仙台でも定期的に外壁塗装を行うことで、より一層長持ちをすることから、施工するべき一つのリフォームとなっています。外壁塗装を初めてする方や完全に業者任せの方などもいる中で、ぜひ知っておくべき情報があるので、リフォーム期間が来たら役立てると良いでしょう。仙台での外壁塗装を行う理由には、建物の寿命を延ばし、快適に暮らすため必要な存在でもあります。そのなかで、使われる塗料には多彩な種類が存在しているため、目的に合わせた塗料を使うことが必要です。種類には、アクリル系やウレタン系、シリコン系、フッ素系などがありますが、コストを抑え、こまめに塗り替えをして常に真新しいイメージを住宅に求めたい方にはアクリル系が最もおすすめとなっています。防水性と耐久性を考慮している方にはアクリル系が適しており、耐久性と紫外線などによる耐候性、そして多少のひび割れでも防水性能を望む方にはシリコン系が適しています。さらに、耐久性と耐候性、防水性だけでなく、撥水性や輝く光沢も求める方にはフッ素系がおすすめです。とくに仙台の塩害を受けやすい海沿いの家では、通常の外壁では耐用年数が3年から5年縮まることが予測されるため、塩害に強いフッ素系の塗料を選ぶことで耐用年数を伸ばすことができます。次に、外壁塗装をするには驚くほどの高額な費用を必要としますが、業者や塗料によって価格帯が大幅に違ってくるのが事実です。仙台での施工で平方メートルの平均相場は、アクリル塗料を使う場合では1500円から2500円、ウレタン系では2000円から3500円、シリコン系は2500から4000円、フッ素系は3000円から5000円となっています。外壁塗装を専門に扱っている業者では最も適した塗料を紹介してくれるので、環境や耐用年数、色、費用などを相談し、しっかり見積もりをとって信頼できる業者に施工依頼するようにしましょう。